人生設計で決める

リビングと家具

不動産賃貸をする理由は、人によって様々ではあります。例えば、単純に住むためである場合もありますし、テナントであるときもあります。不動産賃貸というのは、理由が色々とあるのです。 しかし、とにかく不動産賃貸というのは、貸し手にもリスクがあるのです。本当にしっかりと賃料を支払ってもらうことができるのか、という点です。ですから、相手もリスクがあるのですから、不動産賃貸をお願いするときには確実に保証人を要求されます。 つまりは、何かあったときに代わりに支払ってくれる人が必要になるわけです。これが一種のハードルであり、住宅でもそうなのですが、テナントなんかの高額な賃料の場合は探すのが大変です。但し、保証会社という手もあります。

住む家を選ぶ場合は大きく分けて2つのパターンがあります。 それはお金を払ってその家を借りる不動産賃貸と、お金を払って家を購入する持ち家があります。この2つの方法は、自分自身のライフプランに合わせて、その長所短所を考えながら見極め選ぶことが大切です。例えば 転勤が非常に多い仕事をしている方は、一つの土地に定住することがとても難しいので、持ち家を買うより、不動産賃貸で借りる方が利口なのではないでしょうか。 不動産賃貸は あくまでも家を借りている状態なので、決して自分の資産にはなりませんが、毎年必要な税金が 不要です。また持ち家に比べて住み替え とてもスムーズです。持ち家の場合は売却にある程度の時間と労力がかかります。 このように不動産賃貸、持ち家それぞれの長所短所を見極め、賢く利用しましょう。