自分の好きなように

リビングと椅子

自分の好きなように、好みの家を建てるなら注文住宅がベストです。しかしその費用は一体どれくらいかかるのか。個々の建設費用や建て主の要望、使用する構造や都道府県によって異なることもありますが、軽く数千万はかかることを述べておきます。勿論こだわりを持った家は高くなりますし、不便な場所では僅かに値が下がることもあります。しかし間違えてはいけないのが本体価格と工事費の総額です。注文住宅を依頼する際にCMや広告などで目にする表示価格はこの本体価格になります。土地の条件や注文内容によって価格は変わります。それでも目安となる金額がないと検討できません。そこで出されるのが建物だけの値段、本体価格を提示するのです。

建物本体だけの値段、本体価格を目安に注文住宅として依頼していきますが、その他の必要工事にはどのようなものがあるのか。工事をする際に必ず必要になるのが屋外の給排水工事、屋外の電気工事、ガス配管工事です。これらは道路から建物までの距離によって変動します。他にも家を建てる土地の条件によっては設計料や地盤調査、敷地計測、確認申請などの調査費がかかる場合もあります。注文住宅は施主の好みによって間取りを変更したり元々本体に含まれる標準仕様を変えたりすることもあります。その時にかかる費用も別途加算される場合がありますので、工事に入る前に依頼する業者との間でしっかりと話し合いをして綿密な計画を立てておくことが重要となります。